2013年4月アーカイブ

次はカンボジア

| トラックバック(0)
どうもBRICsというは早すぎた投資先である。
そういう見方が強まってきているそうです。
全世界のお金持ち的に。

BRICsのどれもが、政治的な問題を抱えていて、
投資先としての危険性が高い。
一番成長している中国は
特に人権無視、大量虐殺、
すべては中国共産党の決定で何もかもどうにでもなる
という最大のリスクを負っている国です。
人件費もすでに安くなく、
戦争がおきるとしたら、間違いなく中国とみられているので
すでに世界中の投資家は、中国から引き揚げています。
企業もそうですね。
新しく工場などをつくる先として、中国は
あまりにもリスクが高すぎるといわれています。

だからこそ、それ以外の国に進出するんですけど、
最近人気なのはカンボジアなんだそうです。
ニューヨークタイムズによると、
世界中の大手企業は、中国をさけてカンボジアに進出しているそうです。

人件費が安い。
勤勉でよく働くので、品質も問題ない。
政治的にも安定している。

ということで、企業の投資先はカンボジアを筆頭に、
タイ、フィリピン、ベトナム、などの東南アジア諸国に向いているそうです。
これから大きくなる国でもありますし、
なによりも中国共産党というゴミがいないのが
一番の理由ですね。

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

薬剤師転職サイトの比較