2013年8月アーカイブ

暑い
暑い
暑い

もうとにかくどこもここも暑すぎ日本列島。
いい加減少し冷えてもいいよって感じですけど、
とにもかくにも暑すぎる日本列島。

こんだけ扱ったら
そりゃ熱中症にもなるよっていう感じです。
暑い。
暑い。
暑すぎです。

最近はみていないけえど、
もう千人以上が熱中症で病院に搬送されているっていうのを
数週間前にみました。
きっと、もっともっと人数が増えているんでしょうね。

それにしても暑い。
特に都会はさらに熱い。
地面がアスファルトばっかりですからね。
上からも下からもじりじりと焼かれる。
両面焼きですよ。まったく。

先日埼玉県熊谷市から日本一の座を奪ったのが、
高知県四万十市
なんと、気温41.0度という国内観測史上最高の気温を観測しました。
こりゃ死にますね。

どこもここも暑すぎる日本。
みなさんも熱中症対策をしっかりと行ってくださいね。
マジで注意ですよ。

転職をするためには、転職先の会社に自分の価値を認めてもらう必要があります。自分が会社に貢献してくれると思わせるためには、どのようなアピール方法があるでしょうか?これまでの経験をアピールする方法もありますし、もし未経験者や目立った経験のアピールポイントがないのであれば、資格を使う方法もあります。IT関係の資格はいろいろとあります。この資格を持っていれば、IT系の能力を有していることが客観的に証明されます。採用する側の意見を聞いてみても、資格を持っていることがプラスに評価されることも多いようです。では、どのような資格を持っていると転職するときに評価されるのでしょうか?

IT関係の資格の中でも、基本情報技術者や情報処理技術者といった資格は、高く評価される傾向があります。これらの資格には、共通していることがいくつかあります。まず、ITの総合資格である点です。このため、どのような職種でもポジションでも、応募するときに有力な武器になります。また、両方とも国家資格であることも大きな魅力です。IT業界に限ったことではありませんが、国家資格に対しての信用力は確かなものがあります。そのほかには、プロジェクトマネージャーという資格があります。こちらは国際資格で、採用する側は高く評価してくれる傾向があります。

また、ベンダー資格も採用されるときに高く評価される傾向があります。ベンダー資格もいろいろとありますが、まずたいていの資格が高い難易度を誇っていることが挙げられます。このため資格を持っているということが、高い能力を持つことの証明になります。ベンダー資格はいろいろとありますが、数段階に分けて資格認定しているものが多いです。Oracleの場合、Gold資格が上位資格になります。またLPICはレベルが1~3までありますが、3の資格を持っている方が高く評価されています。ベンダー資格は人気で、取得している人が多いです。このため、ただ資格を持っているだけでなく、上級資格を持っていることが評価されるような流れになりつつあります。

今後ITの世界でも、グローバル化がどんどん進むのではないかと言われています。そこでこれからの時代、語学力がITの世界でも必須になってくる可能性は高いです。TOEICの資格も、採用するときに重視している企業が増加傾向にあります。語学はマークしていない人も多いでしょうから、転職活動するときにTOEICを受験しておくのはいかがでしょうか?こういった傾向はゲーム会社への転職活動でも同じです。まあまずはグローバル化に対応できる人材になることですね。


このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

薬剤師転職サイトの比較