2018年6月アーカイブ

いや、これはひどいわ

| トラックバック(0)
こんちわ。

日本の鉄道とか、飛行機とか。
まぁ飛行機はそうでもないか。
しょっちゅう遅れるし。
それは、仕組み条しかたないことだからね。

でも鉄道。
日本の鉄道っていったら、
タイムスケジュールをほぼ確実にまもっているということで、
世界でもおどろかれるほどの精度ののりもの
ってことで、すごく評価されていますよね。

でも、その鉄道。
その中でも神話を持っている新幹線で、
最近トラブルが相次いでいますよね。
こわい。
マジでこわい。

鉄道トラブル。
何がこわいかっていうと、あれですよ。

と、といれ!

っていうときに恐ろしいことになるわけですよ。
もうね。
これは地獄ですよ。

しかも、満員電車とかだったら
もうさようならって感じですよね。

で、そういうところでトラブルが発生するんだから
もう地獄ですよ。
こわすぎる。

ま、新幹線はトイレがついているから
関係ない話なんですけどねw

この間久々に親と旅行に行ったの。
そしたらけっこう面白い話し聞かされたんだ。
うちのお父さんて職を転々としてる人じゃないと思ってたんだけど
若い頃はとにかく転職してたみたい。保育士転職エージェントに登録した経験もあるそう。
でも私たちが生まれてから落ち着いたらしいんだけどね。
今の社長さんがいい人でようやく巡り合えたと思ったってお父さんも話してて。
私もちょうど転職に悩んでたから色々聞いてみたんだけど転職勧められたよね。
迷ってるなら仕事変えろって。
他の親ならもう少し考えてみればいいんじゃないとかいうけど
お父さんはけっこう私の話し聞いてくれて
俺もその頃なんて迷ってたぞって。
当たり前だって言ってくれて
なんか泣きそうになっちゃった。
だから転職してよかったっていうか・・・。
本当にどうしようとは思ったけどね。
はあ・・・転職しようってそれで決めれてなんだか穏やかになれた。
最近すごくピリピリしてた気がする。
だから旅行に行って良かったなって思って
今度は親と海外旅行にでも行こうかな。
そんなこといってたらいつまでたっても相手見つからないよって言われたけど。
いまはとりあえずなにより仕事。
仕事が落ち着いたら恋愛についても考えようかなって思うもん。
そう思ったらすごく気持ちの整理もついて
いい気分♪


医療機器メーカーの求人にも開発職と技術職としての採用がありますが、CTスキャンやMRIなどの医療機器の開発は機械や電気や電子などの工学の知識は勿論ですが、医療などについての知識も必須です。最近では自動車メーカーなどでも、人間工学の設計テンプレートが導入されています。人間工学とは自動車などを運転する場合でもできる限り、自然な動きや状態で運転し事故が起きたりするのを防ぐ学問です。人工呼吸器や麻酔器などの医療機器にも人間工学の考えは導入されていて、人間の身体的な特徴だけでなく心理的な面にも配慮がなされ開発が行われています。

病院などの医療の現場では心電図や血圧計などの医療機器から透析治療を行う血液浄化機器や人工心肺装置や、脳・内臓・血管などの形状を3D画像で捉えることができる医療機器など最先端の技術が発達しています。医療機器メーカーが求めている開発職は工学の知識と医学の、知識の両方を学んだ医用工学を履修している人です。経験者が優遇されることもありますが医療機器メーカーが初めてでも、医用工学や臨床工学の知識があれば病院に勤務する医師などからの意見を聞き新しい医療機器の開発を行っていきます。

医療機器メーカーの技術職は自社商品を納入した後の、保守・点検・修理などが主な仕事になります。医療機器メーカーでは自社商品の主な納入先である病院に対して医療機器の設置や操作説明を行いますが、オンサイトでは処理できないトラブルが生じた場合には技術職が自社の技術センターなどで点検や修理を行います。技術職は自社の医療機器のトラブルの原因などを、開発部門にその情報をフィードバックしたりもします。技術職はテクニカル的なサポートだけでなく顧客である医師などからの要望に応じて、開発職と共に自社の医療機器のカスタマイズを行うこともあります。

医療機器メーカーは外資系の企業が多いため開発職や技術職も、海外の製造部門のスタッフと英語でやり取りを行うことも珍しくありません。そのため外資系の医療機器メーカーの求人の場合には、ある程度の英語力が応募条件になっていることもあります。もし開発職・技術職採用の医療機器メーカー求人に興味がある方は、このサイトに掲載されているリクルートエージェントやマイナビエージェントのような、転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの担当者が医療機器メーカーの開発職や技術職についてもっと詳しく教えてくれたり、得意な英語が活かせる外資系の医療機器メーカーの求人の紹介も行ってくれます。楽器メーカーへの転職でも同じです。

このアーカイブについて

このページには、2018年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年5月です。

次のアーカイブは2018年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

薬剤師転職サイトの比較